適切な値段の位牌を選ぼう|正しい知識を身に付ける

葬式

前もって準備する

コアスリマー-Coreslimmer-口コミ評判まとめサイト

ダイエットのための効果を高めてくれる成分を多数配合!コアスリマーを利用して理想の体型を手に入れよう。

シグナリフトをたった3ヶ月使ってどれだけ変われた?

シグナリフトの口コミや評判・効果の高さなどさまざまな情報を大公開!若々しい肌をゲットしたいなら必見ですよ。

案内

終活という言葉を聞くようになり、実際に終活を始める人も見かけるようになりました。終活を始める人は、お墓を探したり、葬儀の相談をしたりしていくでしょう。また、終活セミナーへ行って、話を聞き、自分はどうすべきかを考える人もいます。また、終活セミナーは家族と参加もできるので、みんなで考えるいい機会でしょう。お墓探しや位牌について、わからないことも聞けるので参考になります。特に位牌に関しては、白木位牌と本位牌とあるので、きちんと知っておくべきです。白木位牌には大きくわけて、白木と仏壇に安置する本位牌があります。故人が亡くなってから四十九日まで、一般的に白木のタイプを使用します。白木のタイプは、もともと野辺送りに用いる仮のものとして使用します。そのため、葬儀のときに業者が用意してくれるケースがほとんどです。白木のタイプには菩提寺の住職に戒名をいただき、書いてもらいます。その後、葬儀式場の祭壇に安置されることになります。菩提寺がない方は、一般的に葬儀を取り仕切っている僧侶にこれをお願いすることになります。仏教では、人間は死後七週間はまだ故人が現世とあの世をさまよっている期間とされています。白木のタイプは葬儀の後、故人の来世の行き先が決まる四十九日までは、遺骨、遺影と一緒に家の中陰壇(後飾り壇)に安置しておきます。最後の段階として、四十九日の法要のときに菩提寺の住職に依頼し納めてもらい、最後にお焚き上げもしてもらいます。本位牌は四十九日がくるまでに仏壇店で購入しておきます。最近では、「お寺が用意するもの」と思っている方が多く、四十九日の法要が近づいてはじめて慌てる、という方も少なくありません。実際お寺が用意してくれる場合もありますが、一般的には故人の身内の方が仏壇店で市販されているものを購入しておくのが主流です。四十九日の法要後、仏壇を置いていない家は四十九日までに手配しておきます。前もって準備しておけば慌てることはないでしょう。

位牌の値段として、形状や種類によって異なります。また、位牌に戒名を記入する際でもプラスで値段が掛かることがあります。初めて位牌を選ぶ際はどのような物を選べば良いか分かりませんよね。その際は、仏具コーディネーターの方に相談すると良いでしょう。また、位牌の値段や形状、戒名を入れる際の文字彫りなどの相談ができます。また、インターネットでも位牌の値段相場を調べることができます。

宗派は問わない

葬儀

位牌は故人の戒名を入れられた木杯のことがいい、没年月日や享年などを記入します。位牌の戒名を入れる際は、機械や手書き堀りを入れることができ、宗派を気にする必要はありません。

詳細を確認する

位牌を選ぶ

花

位牌を選ぶ際は、形状を気にすることはなく、宗教に関係はありません。そのため、故人の身内の方が位牌を選ぶことができます。また、位牌には大きさがありますが、先祖の方と同じくらいか小さめの物を購入しましょう。

詳細を確認する

知識を付ける

花

葬儀などの知識が分からないといった方が増えてきています。その原因として核家族が増え、祖父母がいない家庭が多くあるためだと考えられます。知識を付ける為に、インターネットなどで調べる必要があります。

詳細を確認する