適切な値段の位牌を選ぼう|正しい知識を身に付ける

葬儀

宗派は問わない

葬儀

位牌とは一般的に故人の戒名を記載した木杯のことをいいます。簡単に用途別に分類すると、・葬儀のとき=白木・四十九日の忌明け後に仏壇に安置するとき=本位牌・寺院で使用するとき=寺院位牌となります。一般的なイメージでいうと、「仏壇に安置する本位牌」とイメージしている方が多いです。仕様で分類すると、・白木・塗り(漆使用)・唐木(黒壇や紫壇使用)などがあります。また形式でわけると、台座に札板が付いている「板」、戒名を入れる板が10枚くらい入る箱がついている、少し特殊な「回出(くりだし)」などがあります。これは中国の儒教からきているといわれています。この儒教の中で、先祖や両親が生きているうちに位官や姓名を記載して祀っていた「位版」に起源があるとされています。ここから鎌倉時代に禅宗と一緒に日本に伝来し、さまざまな他の宗派でも使われるようになっていきました。また、日本の古来の習俗である神道の依代(よりしろ)の影響などもあり、故人の霊や魂が宿る、故人そのもの、とも考えられるようになりました。基本的には、故人の戒名、没年月日、俗名、行年(享年)などを記入してつくります。位牌に記入する戒名は、手書きや機械彫りなどで文字を入れることができます。機械掘りは歪みのない整った文字を掘ることが可能です。また、手書き文字を位牌に入れることで味わい深いものを入れられます。位牌の戒名を入れる際は宗派で決められていないので、好みの文字彫りを入れることができます。